ニキビケアについて

ニキビができてしまったらどうしていいのかわからないという方が多いです。
気になって触ってしまうことは一番してはいけないことです。思春期のシミと
違ってニキビ治療方法はスキンケアをしっかりと行うことです。

 

洗顔をたっぷりの泡で優しく行います。泡立てネットでしっかりと泡を立てることがニキビ治療のポイントになります。面倒だと思わずに泡立てるようにします。顔をごしごしとこすらないように優しく洗います。そして十分にゆすいで
泡を落とします。その後化粧水で保湿を行います。

 

ニキビは肌が乾燥していることが原因で起こってしまうので、しっかりと保湿を行うことがニキビ治療は大切です。おすすめは、化粧水の量はたっぷりと手のひらにとって塗るようにします。

 

スキンケアの必要性

ニキビ肌の方の中には、油分が多いことを気にしている人も多いです。ですが、自分では脂性肌と思っている人の中にも、実は乾燥肌だという人もいます。

 

水分が少ない分を油分で補っているため、テカって見えてしまうということがあるのです。ですから、そのような肌質の場合にも、保湿は非常に大切です。

 

洗顔で毛穴を綺麗にした状態での保湿が、肌の内部までしっかりと水分を届けるシンプルで効果的な方法なのです。

 

また、ニキビができるのは顔だけではありません。恐らく顔の次にできやすいのは、背中ではないでしょうか。しかも背中のニキビというのは、普段から目に入るものではありませんので自覚もしにくく、ケアを怠りがちになります。そんな様々なニキビの悩みにお勧めな治療法などをご紹介致します。

 

レーザーによるニキビ治療について

 

ニキビ治療前にはニキビが何故できるかをまず知ることが重要です。

 

ニキビができるまでのプロセス

ニキビができるまでは様々なプロセスがありますが、直接的な原因であれば、皮脂が過剰分泌されることによって毛穴が詰まり、そこにニキビ菌などが繁殖することにより炎症を起こしてニキビができます。

 

レーザーを使ったニキビ治療ではまずこうした菌を殺すことから始まります。レーザーといっても複数のタイプがあり、一度の治療でそれらのタイプを使い分けるのが普通です。まずは菌を殺すためのレーザーを照射し、その後、光治療器を使うことにより
ニキビの発生を抑制します。

 

ニキビ治療は痛いものだと思われがちですが、光線を利用する場合まず痛みは感じません。さらに施術自体も10分~30分程度で終わります。ニキビの状態によっては、治療のために定期的に皮膚科へ通う必要性も出てくるかもしれませんが、基本的にニキビの治療は少し時間のかかるものであり、1回や2回の治療で完治するということはあまりありません。

 

ちゃんとした治療でも時間がかかるということは、自分でケアをしようと思うと、その倍ぐらいは時間がかかるかもしれないことを考えると、やはり皮膚科でしっかり見てもらった方が結果的にメリットが大きいのではないでしょうか。

 

また、悪化を続けたニキビは自分での治療は難しいものです。跡が残ってしまっては、ずっと気になってしまいますよね。それでは治療したとは言えないでしょう。ですから、病院でのレーザー治療は確実に完治させるために非常に有効な方法です。また、相談しながら進められるため、安心して治療することができるでしょう。

エステでニキビ跡を予防する

ニキビ跡やクレーターをしっかりと治したい場合には、皮膚科が最適です。

 

ニキビ跡やクレーターなどを綺麗にすることができるレーザー治療やピーリング治療などがあり、最も効果が得られる場所でもあります。

 

エステサロンなどでもニキビ跡やクレーターなどに効果がある施術と謳っているお店などもありますが、皮膚科などの効果は期待できませんが、予防効果としてはしっかりと実感できる施術です。エステサロンでは、クレンジングや毛穴吸引、イオン導入やリンパマッサージなど、予防効果が実感できる施術がたくさんあります。また、このようなお店では、効果だけでなくお店の雰囲気やアロマなどの香りなどリラックス効果のある工夫がされ、リラックス効果も得ることができます。

アロマの香で和らぐ

アロマの香りって本当に安らぎますよね。
気分によって香りを変えたり、本当に幅広く奥の深い世界です。家でもリラックスしたいときは湯船にお湯を張ってオイルを数滴垂らしてゆっくり浸かるのが、血行にも良くお勧めです。色んな香りがあるから、リラックスしたい日、リフレッシュしたい日。気分によって使い分けると良いでしょう。

 

精神的にも大きな効果があります。少量でいいので、そんなに費用も掛かりません。ですから、色々な香りを揃えるのも楽しいです。

 

男のニキビ跡のクレーターの改善方法

 

男性であっても、お肌の表面にニキビ跡のクレーターがあると気になってしまうものです。女性に比べて日ごろからスキンケアをおこたりがちですし、やり方も雑になりがちなので、まずは毎日のスキンケアのルーティーンを再確認してみると良いでしょう。

 

男性も気になるニキビ跡

まず、たっぷりの泡で丁寧に洗顔をするところから始めます。その次に、清潔な手に化粧水をとってお肌になじませていきます。最後にクリームを塗って、お肌をしっかり保湿しましょう。お肌にうるおいがあると、生まれ変わりのリズムが整ってニキビ跡のクレーターも直りやすくなるのです。

 

それでも改善が見込めないときには、病院の皮膚科を受診しても良いでしょう。男性でもニキビ跡のクレーターの治療に病院に通うひとも多いです。女性に比べ、重症化してから通う人が多く、そうなると完治まで時間がかかります。
ですから、気になり始めたころに通うのがお勧めです。

 

善は急げです!

 

普段のケアを女性ほどはしていない人がほとんど。紫外線も直接浴びている人が多いです。だからこそ余計に、悪化しやすくなってしまうのが現実です。
ですので、特にニキビができやすい人は、男性でも日々のケアも重要です。
そうすることで、未然にも防ぐことができるのです。

意外と見える背中ニキビについて

 

人は誰でも、多かれ少なかれ身体的なコンプレックスや悩みを抱えて生きているものではないでしょうか。

 

コンプレックスや悩み

 

自分の顔や身体に不満なところなど何一つ無い、と言い切れる人の方が圧倒的に少数派のはずです。特に女性は男性よりも見た目を気にしますので、そうしたコンプレックスや悩みがいくつもあるという女性も多いでしょう。

 

身長や手足の長さを変えることは出来ませんが、それ以外であれば努力次第でコンプレックスや悩みを解消することも出来るので、日々女性達は美しくなるための努力を欠かしません。そんな女性達の誰もが手に入れたいと願うのが、つるつるすべすべの美肌だと思います。

 

肌が美しいと言うことは、女性にとってはそれだけで非常に価値のあることです。そのためにスキンケアにこだわりを持つ女性は非常に多いと思いますが、それでも肌トラブルを完全になくすことは難しいでしょう。特に顔など毎日目にする箇所のケアならばトラブルにもすぐに気付き、早めにケアをすることも可能ですが、直接目にすることが出来ない箇所の肌トラブルは気付くのが遅くなりがちです。

 

背中が開いている服

その代表的な例が背中ニキビでしょう。お気に入りの洋服屋さんで試着をした時、大きな姿見で背中を見た時に背中にニキビがたくさんあって驚いた、という経験を持つ女性は少なくないでしょう。何気なく背中に触れた時に、たくさんのブツブツが出来ていることに気付くこともあるでしょう。背中は人目に触れないようでいて、実は人目に触れやすく目立つものです。

 

洋服を着る際は後姿を気にすることは少ないと思いますが、後ろから見ると意外に背中が開いている服はたくさんありますし、至近距離からだとよりニキビに気付かれやすくなります。

 

そんな厄介な背中ニキビを根絶するためには、必ず皮膚科を受診することが必要です。市販薬で治すことが出来ると思うかもしれませんが、医師にニキビの原因を特定してもらい、自分の背中ニキビの症状に合った治療を受けることが何よりも大切です。

 

皮膚科でしか処方してもらうことが出来ない治療薬も多いので、背中ニキビを繰り返さないためにも医師の診察を受け、合わせて治療に関連する日常生活上の注意点などのアドバイスを受けることが肝要です。

子供時代にできるニキビの治療方法

小学校後半ぐらいから中学生、高校生の時代の思春期の子供にはよくニキビが出来ています。
テレビなどでも青春と言われれば何となく聞こえはいいのですが、
本人としては目立つニキビは真剣な悩みの一つです。

この時代には親の協力が必要不可欠ですから、ニキビ治療は二人三脚で頑張っていきましょう。

主な原因は過剰に出てくる皮脂です。
洗顔を適度に優しく行う事と、日々の食事も改善するようにしましょう。
野菜不足で肉などが中心になってしまったりすると、皮脂も出やすいです。

ニキビと食生活

野菜をたっぷり継続して食べる事が肌の質を食していきます。お菓子も極力減らしましょう。
インスタントのものやスナック菓子はニキビ治療中だけでも減らしていって下さい。

今はニキビ用の洗顔料や化粧水などもありますので、早めに治したいと思うのであれば
食事の改善と同時にこちらも同時に試していきましょう。

質の良い睡眠も大切ですから、早めに寝ることも心がけて治していきましょう。

クリームでのニキビ治療のメリット・デメリット

ニキビ治療で、クリームをケアに取り入れることもあります。
化粧品でのケアとして考えたとき、メリットとしては、肌へ使用することの安心感が挙げられます。

クリームでニキビケア

肌がダメージを受けている状態ですから、化粧品の成分を皮膚へと届けることで
肌のサイクルも活発となり、キレイな素肌へ生まれ変わるペースも促されます。

ニキビ治療のための専用のクリームなどは、化粧品でありながら、ニキビを改善するために特化した成分を含みます。
ニキビの炎症を緩やかに抑えて、皮膚自体は保湿効果で守るという、優秀な効果を発揮してくれるタイプも多いものです。

ニキビを改善する根本的なケアは、正しい肌の保湿に成功のコツが隠されています。

デメリットとしては、専用のものを使用した時、肌の乾燥を感じやすくなるタイプもあるということです。
一般的なクリームを使用した時、過剰に肌へ塗布すると、油分が過剰になりすぎて
悪化するケースもあるため、使用量には気をつける必要があります。

背中ニキビを彼氏に見せられない場合

女性の中には背中ニキビで深刻に悩む方がいらっしゃいます。

見えない部分なのでそれほど気にすることはありませんが
彼氏がいる場合は別です。
彼氏には背中を見せることもあるので、幻滅されたくないと
思い悩むことも少なくありません。

その場合にはニキビの治療をするのが一番です。
まず今できているニキビについては極力触らないようにしてください。
石鹸で洗う時もできるだけ手洗いにしてください。

手洗いする

あと背中を見られるのが恥ずかしいからという理由で
ファンデーションを付けるのは良くありません。
これは毛穴をふさいでしまい、逆に炎症がひどくなります。

対策をしっかりとすれば少しは良くなります。
背中はそう良く見る場所ではなく、大体は本人の気にし過ぎですが
気になるなら病院で治療を受けてみるのも有効な方法の1つです。

背中ニキビでかゆみが増す場合には

背中ニキビのせいでかゆみが増す場合もあります。

その理由は自分の髪の毛による刺激、乾燥による刺激、体が温まっている事などがあります。
ですので風呂上りに痒くなることが多いのですが、 痒いからと言ってかいてはいけません。背中ニキビはかきむしることで余計にひどくなります。

そこで、鎮めるために氷を使ってみてください。

背中にくっつけてクールダウンするのです。これで温かさから来る痒みはなくなります。

そして髪の毛も結ぶなどして対策してください。体が乾燥しやすい方は
化粧水を背中につけるのもいいでしょう。

化粧水をつける

また、ニキビができている部分には低刺激の石鹸を使うのがおすすめです。石鹸の刺激が原因で痒くなることもあり得ます。

これで少しでも解消されれば、冬場も痒みでつらい思いをせずに済みます。

セルフケアではどうしても改善が見られない場合は、いつまでも思い悩むのではなく
美容皮膚科を探して受診してみるのが一番の近道です。

始めの一歩は踏み出しにくいかもしれませんが、そこさえ乗り越えれば
快適な生活が待っている可能性の方がはるかに高いと言えるでしょう。