背中にきびとステロイドの役割とは

発生しやすい状況背中にきびが発生したときなんとなく、アトピー性皮膚炎などの
治療に使われるステロイドを塗れば早く治るのではと
思われる方もいるようです。

このアトピーなどに使われる外用薬には消炎・抗炎症作用・
血管の収縮作用などの働きがあり、免疫反応を抑制することで
皮膚の炎症を抑えていく効果があるものになります。

消炎・抗炎症作用などはにきびにとって悪くはないのですが
にきびの原因アクネ菌には免疫が抑制されると増殖してしまう
という特徴があるため、背中にきびの治療に使用すると
改善するどころか反対に治りにくくなる可能性があります。

そのため一般的にはにきびの治療にこの外用薬を使うことはほぼありません。
ただ免疫を抑制するという働きがあるステロイドですので、
アトピー性皮膚炎の治療として使っていてもにきびが
発生しやすいという副作用があります。安全性を考慮する

ですから治療薬として使っている方で背中にきびが出来た場合、
その原因はステロイドかもしれません。