思春期に生じる背中にきびと大人の時にできる背中にきびの違い

思春期にできてしまうにきびおでこや頬だけではありません。10代は背中にもにきびができやすいのが特徴です。

この思春期の背中にきびの原因となるのが過剰な皮脂の分泌です。若い肌は皮脂を盛んに分泌するので不衛生になりやすくアクネ菌が繁殖しやすくなってしまい背中にきびの原因となります。

ただしこの若い肌のにきびは一過性のもので、時期が過ぎれば落ち着きますし、にきび跡にもなりにくいという特徴fがあります。

一方で大人にきびは肌の代謝が乱れて古い角質が残ってしまうことにより起こるケースが多いのです。

代謝が乱れて古い角質が肌に残ってしまうと皮脂腺を塞ぎ、アクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また大人の背中にきびの問題はターンオーバーが乱れているのでにきび跡が残りやすいということです。

泡立てた石鹸や柔らかいボディブラシなどでよく洗浄して衛生的に保ち、古い角質を溜めないことで背中にきびを改善し、にきび跡を防ぐことができます。