お風呂に塩で背中にきび対策になるって本当?

お風呂に入る時に塩を入れると背中にきび対策になるのは、血行が良くなり新陳代謝が高まったり殺菌効果があり肌を清潔にできるからです。お風呂に入れる場合には180ℓの浴槽なら大さじ2~4杯程度で充分です。

10分以上湯船につかると効果が出てきます。半身浴をすると体が温まるため汗が大量に出てくるので、水分を摂りながら入浴すると良いでしょう。お風呂からあがる時にはシャワーで体を良く洗い流します。

湯船に入れるほか、塩で体を洗うこともできます。

お風呂よりも刺激が強いので、背中にきびがひどい時にはできませんが、浸透圧で皮脂や毛穴の汚れが取れるほかスクラブ効果もあるので、肌がとてもきれいになります。

やり方は少量の塩に水を加えてクリーム状にして背中に塗り、5分程度おいたら洗い流します。

精製したものではなくミネラルが豊富な海水で作られた物の方が効果があります。お風呂からあがった後は刺激の少ないローションなどで肌をしっかり保湿しておきます。

背中などの見えない部分も美しくしてすべすべの身体になりたい!