背中にきびとステロイドの役割とは

発生しやすい状況背中にきびが発生したときなんとなく、アトピー性皮膚炎などの
治療に使われるステロイドを塗れば早く治るのではと
思われる方もいるようです。

このアトピーなどに使われる外用薬には消炎・抗炎症作用・
血管の収縮作用などの働きがあり、免疫反応を抑制することで
皮膚の炎症を抑えていく効果があるものになります。

消炎・抗炎症作用などはにきびにとって悪くはないのですが
にきびの原因アクネ菌には免疫が抑制されると増殖してしまう
という特徴があるため、背中にきびの治療に使用すると
改善するどころか反対に治りにくくなる可能性があります。

そのため一般的にはにきびの治療にこの外用薬を使うことはほぼありません。
ただ免疫を抑制するという働きがあるステロイドですので、
アトピー性皮膚炎の治療として使っていてもにきびが
発生しやすいという副作用があります。安全性を考慮する

ですから治療薬として使っている方で背中にきびが出来た場合、
その原因はステロイドかもしれません。

背中にきびと色素沈着

背中にきびができている時は、外的刺激にとても弱い状態です。
ちょっとした刺激に対しても敏感に反応してしまい、
メラニンの生成を増やしてしまいます。特徴を抑える

メラニンが生成されても排出とのバランスが良ければ
問題にはなりませんが、過剰にメラニンが生成されてしまうと
排出が追いつかなくなって色素沈着として現れます。

改善するためには肌のターンオーバーを促してメラニンを含む
肌細胞の排出を行わなければなりませんが、色素沈着を
起こしやすい肌は元々ターンオーバーが遅れがちであることも
多いので、ケアを行ってもなかなか解消されません。

ターンオーバー正常化の鍵を握るのが保湿ケアです。
背中にきびに対して保湿ケアを行えば、肌細胞が活発に
働くようになって、古い細胞も順調にはがれ落ちます。正常に

色素沈着はにきびを潰すことでも起こるものであり、
炎症を起こしている最中はあまり触らない方が安全です。

メラニンは元々防御反応の一種であり正常な働きなのですが、
過剰に働くとトラブルにつながります。

思春期に生じる背中にきびと大人の時にできる背中にきびの違い

思春期にできてしまうにきびおでこや頬だけではありません。
10代は背中にもにきびができやすいのが特徴です。

この思春期の背中にきびの原因となるのが過剰な皮脂の分泌です。
若い肌は皮脂を盛んに分泌するので不衛生になりやすく
アクネ菌が繁殖しやすくなってしまい背中にきびの原因となります。

ただしこの若い肌のにきびは一過性のもので、時期が過ぎれば
落ち着きますし、にきび跡にもなりにくいという特徴があります。トラブルを回避するように

一方で大人にきびは肌の代謝が乱れて古い角質が
残ってしまうことにより起こるケースが多いのです。

代謝が乱れて古い角質が肌に残ってしまうと皮脂腺を塞ぎ、
アクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また大人の背中にきびの問題はターンオーバーが
乱れているのでにきび跡が残りやすいということです。

泡立てた石鹸や柔らかいボディブラシなどでよく洗浄して
衛生的に保ち、古い角質を溜めないことで背中にきびを
改善し、にきび跡を防ぐことができます。敏感になっている